文字通りカメラに囲まれて働ける仕事……カメラ屋(量販店)

カメラ屋(量販店)はまさにカメラ好きに適した仕事

量販店とは、大手家電量販店や大型の専門店などが挙げられるでしょう。カメラそのものを販売する仕事であるため、日々多くの人気モデル、最新機種などに囲まれて働けます。撮影をすることは基本的にありませんが、機能面や細かな知識、また魅力を伝えることなどが好きな人に適しているでしょう。

担当部署としては主に2種類があります。レジの担当、そして売り場担当です。とはいえ、カメラの量販店でひっきりなしにレジに人が並ぶという状況は考えにくいので、基本は売り場を回りつつ、状況に合わせてレジも担当するといった具合になるでしょう。仕事としては、レジ担当はその名の通りレジ打ちを、そして売り場ではお客さんからの質問への対応や製品のおすすめなどになってきます。

また、スタッフの中でも女性がレジを重点的に任される場合が多い点も特徴的です。物腰の柔らかさ、丁寧さなどが適していると考えられているのかもしれませんね。レジはただ会計をおこなうだけでなく、キャンペーンやポイント、保証の説明から、クレーム対応なども重要になってきます。いち接客員としての手腕が、試されるでしょう。

理解しておくべき大変な部分

カメラ屋(量販店)の基本的な仕事は、立ち仕事です。レジも売り場も、立った状態で勤めるのが一般的です。仕事開始から終わりまで、休憩を除き常に立ったままで働くため、ある程度体力が重要になってくることも忘れてはなりません。三脚やレンズキット、保管庫、大型カメラバッグなどの商品は結構重いので、運搬による疲れからも目をそらせません。

また、社員であってもアルバイトであっても、店頭に立った時点であなたはカメラの専門家として見られます。商品やカメラ技術に関する質問にも、スムーズに答えられるのが通常と思われることでしょう。そのため、豊富なカメラ知識が重要になってきます。もともとカメラが好きで、その知識を活かしたくて働き始めたといった場合は、まさに天職とすらいえる適正具合かもしれませんが、逆にあまり興味がない人が始める場合は慣れるまでが少し大変でしょう。商品の入れ替わりも激しいので、常に最新モデルや機能のチェックが欠かせません。

そして、クレーム対応も重要になってくるでしょう。いまやカメラといっても、多種多様の機能が詰め込まれています。それだけに、購入時と買ってからの印象に違いを感じてしまうケースもあるかもしれません。いかに高まった温度感を下げられる柔軟な接し方ができるか、そして不満解消に繋がる答え方ができるかなどがポイントとなってきます。

やりがいについて

大変な面が少なくない一方、専門的な仕事にはやりがいも豊富です。まずそもそも、カメラ好きであればただ売り場にいるだけでも大きな充実感に包まれるでしょう。量販店で最新モデルに囲まれていると、ただそれだけでもワクワクしてくる……そんな人も少なくないのではないでしょうか? カメラ屋(量販店)なら、毎日その感覚を楽しめて、さらにお金までもらえます。

また、複雑な質問に答えられたときの達成感も大きいでしょう。素人には難しい、専門的な疑問を投げかけてくるお客さんも、少なくありません。それこそ、お店スタッフはみんな専門家と捉えられているためです。質問に答えられなかった場合、大きく落胆されてしまうかもしれませんが、逆に的確な返答ができた際には、心から感謝されることでしょう。不満を取り除いてもらい満足したお客さんの笑顔からは、何にも変えがたい価値が感じられるのではないでしょうか! そうした感動を得るためにも、日ごろからの売り場研究やカメラ知識の探求が重要となってきます。

働きながら経験値ゲット! アシスタントカメラマン

普通のカメラマンとどう違う?

同じカメラマンという言葉が入りますが、アシスタントカメラマンの場合ほとんど写真撮影はおこないません。どちらかというと、カメラマンのアシスタントという意味合いの方が大きいです。勤務場所にもよりますが、たとえばスタジオであれば、メインのカメラマンが撮影をするための準備をおこないます。屋外撮影なら、備品準備やセッティング、荷物運びなどまでおこなう場合もあります。

本格的な撮影においては、カメラひとつで手軽にといった感じにはいきません。ストロボ設置やライティング調整、またパソコンとの同期環境など、さまざまな準備が必要となってきます。そんな部分も含めてメインのカメラマンが一人でおこなうとなると、なかなかに大変です。アシスタントカメラマンは、そうした状況をアシストするための存在なのです。

実際の仕事内容とは

アシスタントカメラマンの一日は長いです。時間外労働なども決して珍しくありません。そんな過酷な環境でもなお勤める人がいるのは、学びの場として有益であるためです。

具体的な内容としては、たとえば撮影前の準備です。カメラマンより早く入り、機材や撮影の準備、セッティング等をおこないます。それこそ、あとはシャッターを押すだけという状態にまで仕上げておくのが一般的なほど。あなたの仕事ぶりは、カメラマン、そしてスタジオの評判にすらかかわってくることでしょう。妥協なく状況を整えておいてください。

複数灯のストロボが入るスタジオ撮影ともなれば、配線や各面の微調整なども細かく必要となってくるため、結構大変です。とはいえ、教材などだけではなかなか得られない実践的な経験が積めるので、大きなメリットのひとつともいえるでしょう。撮影が滞りなく進むよう、そして自分の成長のため、しっかり勤め上げてください。

また撮影後に関しても、まだまだ油断はできません。むしろ、終わった後の方が作業は多いかもしれません。撮影で保存した写真データをパソコンで整理して、また必要に応じてレタッチもおこないます。デジタル写真が主流の昨今において、レタッチもまたカメラマンの必須の技術となってきています。基本以上の技術があるようであれば、勉強させてもらっても良いでしょう。プロが撮影する写真は、数百から数千に上るケースもざらです。目にも手にも大きな疲労が感じられてくるかと思われますが、経験値は確実に積み重ねられるはず。構図やライティング、フレーミングなどをプロの作品や現場の空気を通して学んでいきましょう。

アシスタントカメラマンの収入

学びに適した場とはいえ、やはり仕事である以上収入面も気になるところでしょう。もちろん、ボランティアではなく「アシスタントカメラマン」という肩書きのもと仕事をおこなっているだけに、収入も発生します。ですが、年収にして200万円前後と、一般的なアルバイト収入ともさほど変わらないレベルが一般的です。プロの仕事が学べるという点に大きなメリットを感じてこその、貴重な勤務先となります。

通常、アシスタントカメラマンからプロになる場合は、だいたい3年の経験を積むことが必要といわれています。この経験を経ることにより、本格的な撮影を教えてもらえる、いちカメラマンの一人として見られ始めるといった変化が感じられてくるでしょう。

アシスタントをやっているうちに、プロカメラマンが今どのように考えており、次にどうするべきかといった、予測ができるようになってきます。これこそが、最大の収穫であるといわれています。しっかりとした勉強を経てプロを目指したい、そのように考えているのであれば、経験しておいて損のない職業といえるでしょう。

新しい働き方! ソーシャルクラウド系カメラマンって?

ソーシャルクラウドの特徴

ソーシャルクラウドは、近年一般的になりつつある新しい人と人との繋がり方です。ウェブ上のサービスを利用として社会的な関係を築く、まさにインターネットが広く普及する昨今ならではのコミュニケーション方法といえるでしょう。またこれは、プライベートな繋がりのみで使用されているものでもありません。顧客と、クリエイターや技術者を結びつける、仕事における交流でも重宝されています。こうしたソーシャルクラウドを利用した働き方は、クラウドソーシング、クラウドワーキングなどとも呼ばれています。

ソーシャルクラウド系カメラマンは、まさにそんなウェブ上の環境を役立てたカメラマンとしての働き方です。ソーシャルクラウド専用のウェブサイトなどに登録することで、気軽に顧客との結びつきの機会を得ることが可能となります。これには、双方におけるメリットが存在します。

ソーシャルクラウド系カメラマンと顧客それぞれのメリット

まずフリーのカメラマンは、あまり実績がない段階において仕事を見つけるのは大変です。人脈をほとんど持たない人ともなれば、カメラのみで食べていくのは至難の業でしょう。ですがソーシャルクラウドがあれば、ウェブ上で全国、また大げさにいえば世界の顧客と繋がることも可能です! フリーでやっていきたいけど業界における人脈がない、そんな人に有効です。

顧客側としては、手軽に高水準の撮影を依頼できる点が特長的でしょう。もちろん、フォトスタジオや実績あるプロが提供する撮影サービスを利用すれば、高品質な写真は撮影できます。ですがこの場合、専門業者やプロならではの高額費用も発生してしまうのが一般的です。その点ソーシャルクラウドでフリーのカメラマンを見つけられれば、費用は相場程度に抑えつつ、なおかつそれなりのクオリティには期待できます。確かに、一線級のプロほどでもないかもしれませんが、カメラマンを名乗るに値する程度の品質なら十分期待できるでしょう。またそもそも、第三者の視点で撮ってもらえるということだけでも重宝できます。

どんな人に向いている?

会社などに縛られることなく、自由なスタンスでカメラマンを続けたい、そんな人向けでしょう。組織に所属するカメラマンとフリーカメラマンの大きな違いは、安定性と自由度です。前者カメラマンなら組織から安定的な収入が得られる一方、撮影できる写真は限られます。一方フリーは、仕事を自分でとってこなければならない反面、働き方も撮りたい写真も基本自由に選べます。ソーシャルクラウドなら、フリーでありつつ比較的安定した仕事を手に入れることも可能になってくるので、双方のメリットが同時に得られるような状況にも期待できます。

ソーシャルクラウド系カメラマンの課題

上記の説明では、ソーシャルクラウド系カメラマンはメリット豊富に感じられるかもしれません。ですが、課題も存在します。たとえば、ウェブを介するだけに信頼が築きにくい、いざ対面すると、顧客の求める撮影と自分の認識が異なっていた、金銭トラブルが生じる……などなど、対面で打ち合わせをしないことによるすれ違いも、珍しくないのが現状です。

ですがこうした課題も、近年は各ソーシャルクラウドサイトにおいて改善が取り組まれています。あらかじめ実績を確認できるサービスや、メッセージやテレビ電話による打ち合わせ機能、また料金の前払いシステムなど、充実しています。こうした部分をしっかり活かすことで、双方が満足できるやりとりも十分可能となってくるでしょう。

基本的には、せわしい現代のライフスタイルに適した、スマートかつ効率的なカメラマンとしての働き方といえます。フリーである分、実力や対応力も求められますが、やりがいもひとしおです。自由度の高い働き方を目指すなら、おすすめといえるでしょう。

写真館経営の仕事における主な特徴

写真館はどんなところ?

写真館とは、撮影するための設備が整った施設です。スタジオ設備はもちろん、現像やデータ管理、衣装ストックなど、高度な写真撮影をおこなうための環境が一通り整ったような場所です。とはいえ、カメラマンが作品撮りで使用するような場所というわけでもなく、写真を撮ってもらいたいお客さんによる利用がメインとなってきます。つまり、写真を撮りたいお客さんに満足を提供するための施設であるといえます。

写真館経営は、まさにそんな施設を経営者として支える立場になってきます。カメラマンよりさらに上の立場ですが、自らがオーナーカメラマンとして撮影する場合も多いようです。やはり経営者である以上、どのような写真が喜ばれるかを理解しています。場合によって、メインのカメラマンよりさらなる満足創出に繋がる場合もあるでしょう。

経営者だからこその視点

経営者という立場であるため、主な仕事は経営です。すなわち、運営・管理をおこなうことこそが本分となってきます。そのため、良い写真を撮ることだけでなく、写真撮影を通してどのように利益を得ていくか、季節やイベントに合わせてどういったアプローチをしていくかなどの、経営戦略が欠かせません。

また近年は、インターネットを通したプロモーションが主流になってきているので、ウェブサイト上におけるコンテンツを考えることも重要でしょう。写真館やスタジオは、全国に多種多様に存在しています。中には多数店舗を展開する大手グループ店舗もあり、決して甘い世界でもありません。そのため、新たに経営者としての成功を目指すのであれば、独自色を出すことがポイントになってきます。自分の写真館を多くのお客さんに選んでもらえるかどうかは、写真館経営者のプロモーションにおける手腕に大きくかかわってくることでしょう。

そしてもう一点欠かせないのが、求人の部分です。設備の整った印象の良い写真館を持っていても、実際に撮影する優秀なカメラマンがいなくては経営は円滑におこなわれません。求人や面接採用にも注力して、写真館の力になる適切な人材を確保することも、重要な仕事になってくることでしょう。写真館におけるカメラマンは、ただ良い写真を撮れるだけでも成立しません。個人やカップル、家族、さらには団体など、あらゆる利用者が訪れる場所なので、その時々に応じたおもてなしができてこそです。人当たりの良さや、雰囲気作り、また思わぬトラブルが起きたときの対処なども、大事な仕事となってきます。そういった面も総合的に考えながら、人選をおこなうことが大切です。

写真館経営におけるやりがい

写真館経営は、紛れもなくサービス業です。芸術をストイックに追い求めるのではなく、いかにお客さんに満足してもらえるかが良い写真館である条件となってきます。それこそ、芸術性を度外視してでも要望に応えられるぐらいが理想的です。

そんな難しさも特徴的である一方、真心込めたサービスがお客さんの要望に見事はまったときの「ありがとう」の一言は、何よりの励みに感じられます。写真撮影は、専門職です。そのため、写真館を訪れた人は他で味わうことのできない特別な満足を感じることができます。普段の自分ではないような、特別な一枚を提供できれば、大いに喜んでもらえること必至です。写真館を経営していて良かった……。そんな、何にも代えがたい気持ちに浸れることでしょう。

また、前述の通り、数多く存在する写真館やスタジオの中でも存在感を発揮するには、独自性がポイントとなります。そんな中、独自展開がぴたっとはまって、地域外からも人が訪れてくれるとなれば、まさにそれは経営者冥利に尽きるといったところ。あまり積極的に表に出る立場でもありませんが、裏方としての喜びもまた、何にも代えがたいです。

実は写真も重要なポイント……企業広報

企業広報の主な仕事とは

企業は、ただ商品やサービスを提供しているだけで業績を上げられるとは限りません。会社そのものの宣伝もまた、重要なポイントとなってきます。あらゆる商品やサービスが溢れ返っている昨今、独自性を打ち出したとしてもすぐに似たようなものが登場してきます。それこそ、後発製品の方がメジャーになってしまうケースも十分考えられます。そんなとき重要となるのが、企業そのものの魅力です。同じような商品が複数ある場合、発売元である企業のイメージで選ばれるという展開も少なくありません。だからこそ、企業宣伝の意味合いを持つ企業広報が重要となってくるのです。広報は、あらゆる角度から企業そのものを売り出して、印象や知名度のアップを図ります。

また、企業広報と一口にいっても主に2種類に分かれます。世間へのプロモーションである社外広報、そしてもうひとつが、社員などに情報を共有する社内広報です。前者は、ブログやSNSの更新、テレビや雑誌などのメディア対応、プレスリリース・メルマガ配信、その他イベントの運営などをおこないます。

後者社内広報については、少々イメージが湧きにくいかもしれません。基本的に顧客にはならない会社内部の人間に宣伝しても、意味がないのでは? といったところです。そもそも、基本的な情報はすでに把握済みでしょう。ですが、そんな全体における共有を促す存在として、社内広報は重宝されます。新商品や新入社員の情報、イベントスケジュール、その他近況報告などを効果的におこなうことで、共有情報の把握、さらには団結の強化などを図ることができます。

企業広報に写真が重要となる理由

広報をおこなう上では、いかに広めたい情報を知ってもらえるかがポイントとなってきます。そこで役立つものが、写真です。文章による情報だけの場合、集中して読み込む必要があります。ですが印象的な写真が添えられていれば、直感的に内容を理解できるかもしれません。また興味深い写真があることにより、さらに詳しく内容を知りたくなるといった効果にも繋げられることでしょう。

特に近年は、画像を効果的に役立てられるSNSも人気を博しています。中にはインスタグラムのような、基本的に写真のみで交流を楽しむようなサービスすらあるほどです。このとき、構図や明るさ、そして画質にもこだわられた写真を用意できていれば、高い宣伝効果が期待できるでしょう。だからこそ、カメラマン職でないとはいえ、企業広報においてカメラは重要な存在となってくるのです。

企業広報の写真に求められるもの

同じ写真やカメラが関わる仕事とはいえ、一般的なカメラマンのような意識はあまり求められません。ハイクオリティな構図や出来栄え、感動、おしゃれさなどは、広報写真向きとあまりいえないでしょう。もちろん、デザインやファッションを扱う企業であれば別ですが……。多くの会社においては、いかに好感を持ってもらえるかが重要なポイントといえるでしょう。

たとえば、ブログやメルマガにおいて、暗く寂しい印象の写真はあまり興味を抱かせないでしょう。仮にそれが、アーティスティック、スタイリッシュと呼べるハイクオリティなものであってもです。それよりも、楽しそう、おもしろそう、幸せな気分になれる……! そんな写真の方がひきつけるものは大きいはず。そうした印象に繋がるようであれば、たとえブレや構図のズレがあったとしても、むしろ勢いにすら感じられてくるでしょう。

企業広報が写真を撮る上で重要になる意識は、いかに企業や情報をより良い印象で伝えられるかです。写真そのもののクオリティではなく、客観的に見てどう感じるかを重視してみてください。幅広い層を惹きつけられる、効果的な広報写真が目指せることでしょう。

自由なスタイルが魅力! カメラマン(フリー)

カメラマン(フリー)の特徴

写真好きなら、カメラマンという職業に憧れを抱く人も少なくないでしょう。ですが、一口にカメラマンといっても種類はさまざま。自分が目指したいタイプのカメラマンの特徴をしっかり理解した上で、適切な勉強や努力をおこなうことが重要です。

カメラマン(フリー)は、その名の通り比較的自由度の高い働き方となっています。ひとつの会社に所属せず、フリーランスの立場で独自に仕事を請け負いこなしていくタイプです。自分のやりたい仕事を選んで、好きな写真だけ撮ってお金を稼げるので、写真好きとしてはまさに理想の働き方といったところでしょう。

活躍の場は、さまざまに存在します。イベントの記録撮影や商品の物撮り、ウェブで使用するイメージ写真、映像作品におけるスチール、そして雑誌やポスターなどのおしゃれな写真など多種多様です。メディアが発達した現代において、各面で写真は欠かせないものとなっているためです。もしかすると、あなたが普段何気なく目にしている有名な写真、定番的な一枚もまた、カメラマン(フリー)の作品かもしれませんよ!

この通り、フリーだからといって活躍の場が限られるわけでもなく、実力次第で一線級の仕事を得ることも可能です。加えて、ギャラはまるまる自分に入るので、単純に考えれば収入源としても魅力的でしょう。魅力ある仕事といえます。

フリーで活躍するには

カメラマン(フリー)になりたいからといって、今すぐなれるというものでもありません。確かに、プロカメラマンには免許というものが存在しません。そのため、「自分はプロのカメラマン(フリー)です」と言った時点でプロです。とはいえ、もちろんそれではうまくいきません。クレームが入ったり、悪い評判が広がったりして、瞬く間に立場を失うでしょう。

基本的な流れとしては、専門学校で勉強を経て、その後スタジオなどで見習いとして下積みを重ねてからデビューするのが一般的です。また、そこまで敷居の高くないアルバイトを経てから雇われカメラマンになり、それからフリーを目指すという流れもあります。これにより、撮影技術はもちろん、お客さんやクライアント企業との付き合い方、見積もりや受注方法などを学んでいきます。

前述の通り、カメラマンには免許がありません。そしてだからこそ、信用がすべてとなります。写真技術だけでなく、すべてにおいてプロらしい正しい振る舞いができるよう経験を積んでおくことが欠かせません。

フリーだからこその大変さ

ここまでの説明を見ると、カメラマン(フリー)は誰でも簡単になれそうな気もしてくるかもしれません。仕事の需要が多く、さらには免許もいらないため、努力さえすれば経験の乏しい自分にもできるかもしれない……! そうも思えてくるでしょう。ですが、残念ながらそうはいきません。フリーだからこその大変さというものも存在します。

まず、カメラマン(フリー)として成功している人は、ほんの一握りです。それこそ雑誌やポスターを任せられるようなカメラマンは、数える程度でしょう。そのあたりになってくると、撮影技術に加えてセンスや才能も重要となってきます。実力と運を兼ね備えた、ごく一部の人間にしかなれないでしょう。

また、イベントや記念のタイミングを撮影する記録カメラマン、車や商品といった物を撮る商用カメラマンについても、しっかりとした経験や実力が求められます。スタジオなどで数年経験を積んだ程度では、成功への望みははっきりいって薄いです。撮影自体は、昨今販売されている一眼レフがあれば簡単にできるでしょう。そんな中でも安定して仕事をもらい収入を得るためには、やはり基本プラスアルファのセールスポイントが欠かせません。

とはいえ、魅力ある仕事に違いはありません。趣味である写真を仕事にできるともなれば、何にも代えがたい充実した人生を送れることでしょう。正しい知識のもと、夢を抱いて頑張る価値が大いにあるすばらしい職業といえます。

自分の感性を活かして働く! フォトグラファーの仕事とは

カメラマンとフォトグラファーの違い

フォトグラファーの仕事をイメージするとき、カメラマンに近いような存在として考えるのではないでしょうか。それどころか、もはや同義語なのでは? そんな風に思っている人すら多いことでしょう。確かに、どちらもカメラを使って写真撮影する仕事ですが、微妙な違いも存在します。詳しく理解して、自分がカメラマンになりたいのか、それともフォトグラファーを目指したいのか明確にしておくべきです。

おおまかな分け方としては、カメラマンは商用写真を、そしてフォトグラファーは芸術写真の撮影を生業とする人を指します。商品や車などをクライアントの指示に従って撮影するか、それとも自分のセンスを発揮して、自由な表現で仕上げたものに価値をつけてもらうか、といった違いでしょう。ただ、厳密に使い分けられるケースはそこまで多くないです。双方を混同しているような人も事実少なくないので、そこまで呼び名にこだわる必要もないかもしれませんね。海外においては、そもそもカメラマンという言葉は一般的でなく、撮影スタイルに限らず「photographer」と呼ばれているほどです。募集されている肩書きよりも、業務の詳細に注目してどういった仕事か調べる方が理想的といえます。

具体的な違いとしては、カメラマンという言葉は映像の世界でも使われますが、フォトグラファーは写真撮影に限った肩書きである点でしょう。カメラマンの場合、状況に合わせて動画撮影もおこないます。ですがフォトグラファーは、写真しか撮りません。

フォトグラファーに向いている人

やはり、芸術・アーティスト志向の高い人に向いているといえるでしょう。自分の世界があり、表現したいものが明確である、写真を通して訴えかけられる何かがある、そんな人にフォトグラファーは適しています。

反面カメラマンは、いかにクライアントの求める写真を作れるかに焦点が置かれるので、自己表現や芸術からは少し離れた印象です。感性よりも、求められる作品のためいかに適切な撮影を実践できるか、またそれに合った機材を用意できるかなどがポイントとなってきます。

要は、写真が好きなのか、カメラが好きなのかといった点が重要といえます。写真が好きなら、フォトグラファーを目指すと良いでしょう。活躍の場は幅広く、新聞や雑誌といったメディア掲載用の写真撮影から、ポスター・カタログ・ホームページに使用する写真、またスタジオ等における撮影サービスもそのひとつとなってきます。

フォトグラファーになるには

フォトグラファーは、決して簡単に就ける仕事でもありません。そもそも、芸術家として活躍できている人はほんの一握りなわけですから、写真芸術に関してもそう甘くはありません。確かな知識や実績を持ち、さらに実力、センスといった天性のものに関しても重要となってくるでしょう。つまり、努力だけでどうこうできる世界でもないのです。

一般的な流れとしては、専門学校やアシスタントカメラマンとしての修行期間を経たのち、徐々に経験を積んでプロに近づく……といった形です。またフリーである場合は、仕事をとってくることもまた重要な仕事となります。人脈作りや人付き合い、先輩後輩関係に関しても欠かせません。

難しい世界とはいえ、成功を掴むことができれば、それはそれは大きなやりがいが感じられることでしょう。好きな写真撮影を生業にして、さらに自由な作品作りをおこないそれを評価してもらえるわけですから、写真好き冥利に尽きるといったところです。カメラマン以上にハードルの高い職業かもしれませんが、目指す価値は大いにある世界といえるでしょう。

環境を活かして上質な一枚を撮影! スタジオ勤務カメラマン

スタジオ勤務の特徴

全国には、数多くのフォトスタジオが存在します。そこに勤務して撮影をこなすのが、スタジオカメラマンと呼ばれる職業です。良いスタジオがあっても、その環境を活かして撮影できるカメラマンがいなければ、サービスは成立しません。そのため各スタジオでは、規模に合わせたカメラマンを所属させるのです。

所属といっても、契約形態はさまざま。社員契約を交わして働く、フリーの身分で委託や提携にて入る、またアルバイトとして経験を積む形など、スタジオによって異なります。いずれもスタジオに所属したカメラマンとして働けますが、ニュアンスは少し違ってきます。

社員であれば、多くの日数出勤して、撮影をはじめとしたスタジオ作業全般をおこないます。その分、安定感のある月収というメリットが得られます。フリーでの委託・提携は、繁忙期限定や入れる日だけといった、自由な働き方も可能である点が特徴的。一方で、契約がいつ終わるか分からない、一定の腕を求められる……など、フリーだからこその厳しさも付きまといます。アルバイトについては、ハードルはそこまで高くありません。それこそ、カメラ未経験で入って教えてもらいながら働けるといった求人もあるかもしれません。ですがその分、収入も低めであり一般的なバイト時給と同様かそれ以下になる場合すらあります。

どんなメリットがあるの?

スタジオには、さまざまな本格的機材が取り揃えられています。スタジオ空間そのものはもちろん、豊富な撮影機器から業務用ストロボ、編集環境まで、お客さんのあらゆる要望に応えられるよう充実しています。そのため、本格的な撮影経験が積めるというのがまずひとつでしょう。多くのカメラマンは、スタジオ勤務が最終目標でなく、やはり独立かと思われます。その足がかりとして、貴重な経験を積むことができます。

また、各スタジオには複数のカメラマンが所属しています。同じ立場のスタジオカメラマンや、リーダー、チーフカメラマンなどと呼ばれる主任的立ち居地のベテランがいるケースも少なくありません。スタジオ勤務では、そうした自分以外のカメラマンとも近い距離感で長い時間を過ごすことができます。同じスタジオ撮影でも、カメラマン次第でニュアンスはさまざま。写真の仕上がりだけでなく、お客さんのもてなし方や表情の引き出し方、シャッターを切るリズムなど、まったく違うといっても過言ではありません。それらあらゆるパターンを目の当たりにすることで、自分の経験にさらに深みを持たせることが可能です。

スタジオ勤務カメラマンの傾向

あらゆる設備が整ったスタジオ撮影においては、さまざまな写真が撮れます。家族や夫婦の記念写真から、お見合い写真、アーティスト写真……など、カメラマンの技術ひとつで表現できるニュアンスは大きく広げられます。

また近年増えてきているものとして、証明写真撮影も特徴的。主には、就活時の履歴書用に利用する人が多いです。人生をも左右する就活だけに、より良い印象で臨みたいという人も増えてきているのです。またそういった風潮に伴い、証明写真撮影をアピールするスタジオが増えてきていることも、理由のひとつでしょう。難易度は比較的低いながら、数をこなせるスタミナや、表情を引き出す技術、編集の腕などが試されます。

スタジオというひとつの場所に所属するとはいえ、この通り撮影できる内容はさまざまです。そして吸収できる経験や刺激もまた、多彩といえます。将来スタジオで一線級にて働きたいという人も、そして独立を目指して腕を磨きたい場合でも、魅力的な勤務先となることでしょう。

カメラマン(会社員)なら安定して働ける

カメラマン(会社員)はどうやってなれる?

カメラマン(会社員)は、フリーカメラマンと対になるカメラマンとしての働き方といえるでしょう。フリーがどこにも所属せずにフリーランスとして働くカメラマンであるのに対し、会社員は企業に雇われて働く形式になります。極論をいえば、カメラマンというよりはカメラ担当の会社員といった具合でもあるかもしれませんね。

そうした理由から、カメラマンを必要とする会社にさえ入ることができれば、肩書きを手に入れるまでの道のりは比較的シンプルかもしれません。一般的にプロと呼ばれる人ほどの技術は求められない中で、役割として立場を与えられて経験を積む。そんな中で、カメラマン職にたどり着けるといった具合です。

もちろん、これは一例であり、別パターンも考えられます。そもそもプロカメラマンを募集しており、経験者でなければ採用されないといった求人なら、しっかりとした技術や実績が欠かせません。そのため、元はフリーカメラマンであった人がカメラマン(会社員)になるといったケースも十分にあり得ます。フリーだからこそのメリットもあれば、会社員でしか手にできないメリットもあるためです。希望や状況に合った働き方で、カメラマンとしての生活を目指すと良いでしょう。

またその他、カメラマン派遣会社に所属するという形式も存在します。カメラ機能が向上の一途を辿る昨今、写真の質に加えて、しっかりとした技術やサービスも提供できる本格カメラマンの需要は高まってきています。そのため、派遣会社も増えてきているのです。この場合も、ある程度の実績や最低限の機材が求められますが、完全なプロを募集している会社ほど敷居は高くないでしょう。手に職をつける上で、またさらなる下積み経験を積みたいときなどにも役立ちます。

会社員であることのメリット

会社員になると、基本的に給料は月給制でしょう。ここでメリットとなるのが、生活の安定です。フリーカメラマンは自由度が高い一方、仕事がとても不安定です。何せ、働いた分だけ稼げるものの、仕事をしなければ収入はまったくのゼロとなるためです。そのため、安定性については決して高いといえません。その点会社員であれば、撮影数に限らず一定の収入が保障されます。安定感を求める人に、適した働き方といえるでしょう。

ただ、派遣会社の所属などであれば歩合制も多く見られます。その他、研修期間と本採用時で給料に差が出るケースも存在します。応募前に、しっかり確認しておきましょう。

会社員だからこその苦労とは

会社員ならではの安定感というメリットが得られる一方、逆にフリーランスの魅力である自由度は大きく下がるといえます。撮影内容は、基本的に会社や上司に指示されたもののみです。さらには、撮り方も厳しく指定されるかもしれません。その他、一般的な会社員と同様に、週休二日制などのスケジュール感が必須となり、趣味の撮影における時間が制限されることも考えられます。

また、毎日朝から晩まで常に撮影できるとも限りません。とはいえ給料制なわけですから、合間の時間も仕事はしなくてはなりません。そのため、撮影に関係のない雑務や電話応対まで任せられるケースも念頭に入れておくべきでしょう。

こうした理由から、カメラマン(会社員)はあくまで安定した収入を目的とした人に向いているといえます。前述と重複しますが、会社員の場合はあくまで会社のカメラ担当のような位置づけであるためです。自由度やクリエイティブ性よりも、カメラに携わりながら安定した生活を送ることを重視したい、そんな考えの人に適しています。その他、社会におけるコミュニケーションが好きな人も、フリー以上に働き心地の良さを感じられるかもしれませんね!