環境を活かして上質な一枚を撮影! スタジオ勤務カメラマン

スタジオ勤務の特徴

全国には、数多くのフォトスタジオが存在します。そこに勤務して撮影をこなすのが、スタジオカメラマンと呼ばれる職業です。良いスタジオがあっても、その環境を活かして撮影できるカメラマンがいなければ、サービスは成立しません。そのため各スタジオでは、規模に合わせたカメラマンを所属させるのです。

所属といっても、契約形態はさまざま。社員契約を交わして働く、フリーの身分で委託や提携にて入る、またアルバイトとして経験を積む形など、スタジオによって異なります。いずれもスタジオに所属したカメラマンとして働けますが、ニュアンスは少し違ってきます。

社員であれば、多くの日数出勤して、撮影をはじめとしたスタジオ作業全般をおこないます。その分、安定感のある月収というメリットが得られます。フリーでの委託・提携は、繁忙期限定や入れる日だけといった、自由な働き方も可能である点が特徴的。一方で、契約がいつ終わるか分からない、一定の腕を求められる……など、フリーだからこその厳しさも付きまといます。アルバイトについては、ハードルはそこまで高くありません。それこそ、カメラ未経験で入って教えてもらいながら働けるといった求人もあるかもしれません。ですがその分、収入も低めであり一般的なバイト時給と同様かそれ以下になる場合すらあります。

どんなメリットがあるの?

スタジオには、さまざまな本格的機材が取り揃えられています。スタジオ空間そのものはもちろん、豊富な撮影機器から業務用ストロボ、編集環境まで、お客さんのあらゆる要望に応えられるよう充実しています。そのため、本格的な撮影経験が積めるというのがまずひとつでしょう。多くのカメラマンは、スタジオ勤務が最終目標でなく、やはり独立かと思われます。その足がかりとして、貴重な経験を積むことができます。

また、各スタジオには複数のカメラマンが所属しています。同じ立場のスタジオカメラマンや、リーダー、チーフカメラマンなどと呼ばれる主任的立ち居地のベテランがいるケースも少なくありません。スタジオ勤務では、そうした自分以外のカメラマンとも近い距離感で長い時間を過ごすことができます。同じスタジオ撮影でも、カメラマン次第でニュアンスはさまざま。写真の仕上がりだけでなく、お客さんのもてなし方や表情の引き出し方、シャッターを切るリズムなど、まったく違うといっても過言ではありません。それらあらゆるパターンを目の当たりにすることで、自分の経験にさらに深みを持たせることが可能です。

スタジオ勤務カメラマンの傾向

あらゆる設備が整ったスタジオ撮影においては、さまざまな写真が撮れます。家族や夫婦の記念写真から、お見合い写真、アーティスト写真……など、カメラマンの技術ひとつで表現できるニュアンスは大きく広げられます。

また近年増えてきているものとして、証明写真撮影も特徴的。主には、就活時の履歴書用に利用する人が多いです。人生をも左右する就活だけに、より良い印象で臨みたいという人も増えてきているのです。またそういった風潮に伴い、証明写真撮影をアピールするスタジオが増えてきていることも、理由のひとつでしょう。難易度は比較的低いながら、数をこなせるスタミナや、表情を引き出す技術、編集の腕などが試されます。

スタジオというひとつの場所に所属するとはいえ、この通り撮影できる内容はさまざまです。そして吸収できる経験や刺激もまた、多彩といえます。将来スタジオで一線級にて働きたいという人も、そして独立を目指して腕を磨きたい場合でも、魅力的な勤務先となることでしょう。