自由なスタイルが魅力! カメラマン(フリー)

カメラマン(フリー)の特徴

写真好きなら、カメラマンという職業に憧れを抱く人も少なくないでしょう。ですが、一口にカメラマンといっても種類はさまざま。自分が目指したいタイプのカメラマンの特徴をしっかり理解した上で、適切な勉強や努力をおこなうことが重要です。

カメラマン(フリー)は、その名の通り比較的自由度の高い働き方となっています。ひとつの会社に所属せず、フリーランスの立場で独自に仕事を請け負いこなしていくタイプです。自分のやりたい仕事を選んで、好きな写真だけ撮ってお金を稼げるので、写真好きとしてはまさに理想の働き方といったところでしょう。

活躍の場は、さまざまに存在します。イベントの記録撮影や商品の物撮り、ウェブで使用するイメージ写真、映像作品におけるスチール、そして雑誌やポスターなどのおしゃれな写真など多種多様です。メディアが発達した現代において、各面で写真は欠かせないものとなっているためです。もしかすると、あなたが普段何気なく目にしている有名な写真、定番的な一枚もまた、カメラマン(フリー)の作品かもしれませんよ!

この通り、フリーだからといって活躍の場が限られるわけでもなく、実力次第で一線級の仕事を得ることも可能です。加えて、ギャラはまるまる自分に入るので、単純に考えれば収入源としても魅力的でしょう。魅力ある仕事といえます。

フリーで活躍するには

カメラマン(フリー)になりたいからといって、今すぐなれるというものでもありません。確かに、プロカメラマンには免許というものが存在しません。そのため、「自分はプロのカメラマン(フリー)です」と言った時点でプロです。とはいえ、もちろんそれではうまくいきません。クレームが入ったり、悪い評判が広がったりして、瞬く間に立場を失うでしょう。

基本的な流れとしては、専門学校で勉強を経て、その後スタジオなどで見習いとして下積みを重ねてからデビューするのが一般的です。また、そこまで敷居の高くないアルバイトを経てから雇われカメラマンになり、それからフリーを目指すという流れもあります。これにより、撮影技術はもちろん、お客さんやクライアント企業との付き合い方、見積もりや受注方法などを学んでいきます。

前述の通り、カメラマンには免許がありません。そしてだからこそ、信用がすべてとなります。写真技術だけでなく、すべてにおいてプロらしい正しい振る舞いができるよう経験を積んでおくことが欠かせません。

フリーだからこその大変さ

ここまでの説明を見ると、カメラマン(フリー)は誰でも簡単になれそうな気もしてくるかもしれません。仕事の需要が多く、さらには免許もいらないため、努力さえすれば経験の乏しい自分にもできるかもしれない……! そうも思えてくるでしょう。ですが、残念ながらそうはいきません。フリーだからこその大変さというものも存在します。

まず、カメラマン(フリー)として成功している人は、ほんの一握りです。それこそ雑誌やポスターを任せられるようなカメラマンは、数える程度でしょう。そのあたりになってくると、撮影技術に加えてセンスや才能も重要となってきます。実力と運を兼ね備えた、ごく一部の人間にしかなれないでしょう。

また、イベントや記念のタイミングを撮影する記録カメラマン、車や商品といった物を撮る商用カメラマンについても、しっかりとした経験や実力が求められます。スタジオなどで数年経験を積んだ程度では、成功への望みははっきりいって薄いです。撮影自体は、昨今販売されている一眼レフがあれば簡単にできるでしょう。そんな中でも安定して仕事をもらい収入を得るためには、やはり基本プラスアルファのセールスポイントが欠かせません。

とはいえ、魅力ある仕事に違いはありません。趣味である写真を仕事にできるともなれば、何にも代えがたい充実した人生を送れることでしょう。正しい知識のもと、夢を抱いて頑張る価値が大いにあるすばらしい職業といえます。