カメラマン(会社員)なら安定して働ける

カメラマン(会社員)はどうやってなれる?

カメラマン(会社員)は、フリーカメラマンと対になるカメラマンとしての働き方といえるでしょう。フリーがどこにも所属せずにフリーランスとして働くカメラマンであるのに対し、会社員は企業に雇われて働く形式になります。極論をいえば、カメラマンというよりはカメラ担当の会社員といった具合でもあるかもしれませんね。

そうした理由から、カメラマンを必要とする会社にさえ入ることができれば、肩書きを手に入れるまでの道のりは比較的シンプルかもしれません。一般的にプロと呼ばれる人ほどの技術は求められない中で、役割として立場を与えられて経験を積む。そんな中で、カメラマン職にたどり着けるといった具合です。

もちろん、これは一例であり、別パターンも考えられます。そもそもプロカメラマンを募集しており、経験者でなければ採用されないといった求人なら、しっかりとした技術や実績が欠かせません。そのため、元はフリーカメラマンであった人がカメラマン(会社員)になるといったケースも十分にあり得ます。フリーだからこそのメリットもあれば、会社員でしか手にできないメリットもあるためです。希望や状況に合った働き方で、カメラマンとしての生活を目指すと良いでしょう。

またその他、カメラマン派遣会社に所属するという形式も存在します。カメラ機能が向上の一途を辿る昨今、写真の質に加えて、しっかりとした技術やサービスも提供できる本格カメラマンの需要は高まってきています。そのため、派遣会社も増えてきているのです。この場合も、ある程度の実績や最低限の機材が求められますが、完全なプロを募集している会社ほど敷居は高くないでしょう。手に職をつける上で、またさらなる下積み経験を積みたいときなどにも役立ちます。

会社員であることのメリット

会社員になると、基本的に給料は月給制でしょう。ここでメリットとなるのが、生活の安定です。フリーカメラマンは自由度が高い一方、仕事がとても不安定です。何せ、働いた分だけ稼げるものの、仕事をしなければ収入はまったくのゼロとなるためです。そのため、安定性については決して高いといえません。その点会社員であれば、撮影数に限らず一定の収入が保障されます。安定感を求める人に、適した働き方といえるでしょう。

ただ、派遣会社の所属などであれば歩合制も多く見られます。その他、研修期間と本採用時で給料に差が出るケースも存在します。応募前に、しっかり確認しておきましょう。

会社員だからこその苦労とは

会社員ならではの安定感というメリットが得られる一方、逆にフリーランスの魅力である自由度は大きく下がるといえます。撮影内容は、基本的に会社や上司に指示されたもののみです。さらには、撮り方も厳しく指定されるかもしれません。その他、一般的な会社員と同様に、週休二日制などのスケジュール感が必須となり、趣味の撮影における時間が制限されることも考えられます。

また、毎日朝から晩まで常に撮影できるとも限りません。とはいえ給料制なわけですから、合間の時間も仕事はしなくてはなりません。そのため、撮影に関係のない雑務や電話応対まで任せられるケースも念頭に入れておくべきでしょう。

こうした理由から、カメラマン(会社員)はあくまで安定した収入を目的とした人に向いているといえます。前述と重複しますが、会社員の場合はあくまで会社のカメラ担当のような位置づけであるためです。自由度やクリエイティブ性よりも、カメラに携わりながら安定した生活を送ることを重視したい、そんな考えの人に適しています。その他、社会におけるコミュニケーションが好きな人も、フリー以上に働き心地の良さを感じられるかもしれませんね!