文字通りカメラに囲まれて働ける仕事……カメラ屋(量販店)

文字通りカメラに囲まれて働ける仕事……カメラ屋(量販店)

カメラ屋(量販店)はまさにカメラ好きに適した仕事

量販店とは、大手家電量販店や大型の専門店などが挙げられるでしょう。カメラそのものを販売する仕事であるため、日々多くの人気モデル、最新機種などに囲まれて働けます。撮影をすることは基本的にありませんが、機能面や細かな知識、また魅力を伝えることなどが好きな人に適しているでしょう。

担当部署としては主に2種類があります。レジの担当、そして売り場担当です。とはいえ、カメラの量販店でひっきりなしにレジに人が並ぶという状況は考えにくいので、基本は売り場を回りつつ、状況に合わせてレジも担当するといった具合になるでしょう。仕事としては、レジ担当はその名の通りレジ打ちを、そして売り場ではお客さんからの質問への対応や製品のおすすめなどになってきます。

また、スタッフの中でも女性がレジを重点的に任される場合が多い点も特徴的です。物腰の柔らかさ、丁寧さなどが適していると考えられているのかもしれませんね。レジはただ会計をおこなうだけでなく、キャンペーンやポイント、保証の説明から、クレーム対応なども重要になってきます。いち接客員としての手腕が、試されるでしょう。

理解しておくべき大変な部分

カメラ屋(量販店)の基本的な仕事は、立ち仕事です。レジも売り場も、立った状態で勤めるのが一般的です。仕事開始から終わりまで、休憩を除き常に立ったままで働くため、ある程度体力が重要になってくることも忘れてはなりません。三脚やレンズキット、保管庫、大型カメラバッグなどの商品は結構重いので、運搬による疲れからも目をそらせません。

また、社員であってもアルバイトであっても、店頭に立った時点であなたはカメラの専門家として見られます。商品やカメラ技術に関する質問にも、スムーズに答えられるのが通常と思われることでしょう。そのため、豊富なカメラ知識が重要になってきます。もともとカメラが好きで、その知識を活かしたくて働き始めたといった場合は、まさに天職とすらいえる適正具合かもしれませんが、逆にあまり興味がない人が始める場合は慣れるまでが少し大変でしょう。商品の入れ替わりも激しいので、常に最新モデルや機能のチェックが欠かせません。

そして、クレーム対応も重要になってくるでしょう。いまやカメラといっても、多種多様の機能が詰め込まれています。それだけに、購入時と買ってからの印象に違いを感じてしまうケースもあるかもしれません。いかに高まった温度感を下げられる柔軟な接し方ができるか、そして不満解消に繋がる答え方ができるかなどがポイントとなってきます。

やりがいについて

大変な面が少なくない一方、専門的な仕事にはやりがいも豊富です。まずそもそも、カメラ好きであればただ売り場にいるだけでも大きな充実感に包まれるでしょう。量販店で最新モデルに囲まれていると、ただそれだけでもワクワクしてくる……そんな人も少なくないのではないでしょうか? カメラ屋(量販店)なら、毎日その感覚を楽しめて、さらにお金までもらえます。

また、複雑な質問に答えられたときの達成感も大きいでしょう。素人には難しい、専門的な疑問を投げかけてくるお客さんも、少なくありません。それこそ、お店スタッフはみんな専門家と捉えられているためです。質問に答えられなかった場合、大きく落胆されてしまうかもしれませんが、逆に的確な返答ができた際には、心から感謝されることでしょう。不満を取り除いてもらい満足したお客さんの笑顔からは、何にも変えがたい価値が感じられるのではないでしょうか! そうした感動を得るためにも、日ごろからの売り場研究やカメラ知識の探求が重要となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>